2017/08/24 Thu
 自治体による「自立」「卒業」の強制
  改定介護保険の先取り、大阪府大東市の実態と問題点  その3


 介護保険の大改革 住民力で費用を抑制!?

「卒業加算」「移行加算」地域包括支援センターへのアメ
 地域包括支援センターが「がんばる仕組み」として、「卒業加算」(サービスから卒業-1年以上サービス利用なし、地域の見守りと活動参加が条件)、「移行加算」(訪問・通所サービス現行相当から緩和型サービスに移行した場合)を設け、100人以上卒業・移行すると200%加算率とした。予防プランを担当する地域包括支援センターを加算というアメでつって卒業・移行へ駆り立てようというのである。
卒業・移行が少ないと「指定更新しない」-事業者へのムチ
 訪問・通所サービス現行相当の指定事業所は、2017年度末で「みなし指定」期限が切れるが、大東市は、総合事業移行時の利用者の30%以上を卒業もしくは緩和型サービスへ移行していないと「指定更新しない」としている。サービス事業所は指定更新されないと2018年度からは要支援の利用者は一人も受け入れられなくなるので、有無を言わさずこれに従わされることになる。まさに、サービス事業者をして利用者を卒業・移行させるムチである。
緩和A型通所サービスも「卒業」に
 多くの自治体では、総合事業で現行相当のサービスが利用できなくなり「基準緩和A型」に移行させられることが問題となっているが、大東市では、緩和A型の通所サービスも原則「3ヶ月で卒業」とされている。市の担当者の説明では「カラオケやレクレーション、マッサージなどは禁止で『楽しくないデイ』」とのことで、「元気でまっせ体操」の通いの場に移行させるためのサービスである。
 また、市の指導を受けて予防プランを担当している地域包括支援センターが通所リハビリ事業所に対して「3ヶ月で卒業して『近くの元気でまっせ体操』に通ってください」と言い、通所リハビリの担当者が「体操の場所まで歩いて20分。そんなに歩けません」と抵抗すると、「3ヶ月で20分歩けるようにしてください。それがプロです」と説教されたという例もある。
(つづく)
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索