2010/08/16 Mon
 介護保険料が全国で一番安い自治体。岐阜県加茂郡七宗町を訪ねた。第3期に続き第4期(2009年度~2011年度)の介護保険事業計画期間でも、月額2265円と連続して全国最低額である。

 わが故郷(旧益田郡金山町。現下呂市金山町)とはとなりである。お盆の帰省の帰り道国道41号線のわき道に入り、七宗町役場を訪ねる。担当課は「住民課」、介護保険の担当はお一人とのことで、事業計画策定から認定、資格管理、給付関係まで、保険料賦課徴収以外はすべて担当されている。(保険料賦課徴収は総務課税務係)。
 
 担当の女性職員の方にお話しを伺う。介護保険はなんでもご存知のベテラン主査である。
 
「なぜ、こんなに介護保険料が安いのですか」


 
「介護保険がはじまった当初の保険料は、近隣の町村みんなが2,200円だった訳ではないのですが、足並をそろえようとほぼ同じくらいに調整をしていました。それが、他の町村は、思ったより給付が伸び、次期保険料が増えていきましたが、七宗は、思ったより給付が伸びなかったわけです。うちは介護保険施設が町内になく、在宅サービスもなかなか利用に抵抗があって伸びなかったので、徴収する保険料は基金にたまっていくのです。それを繰り入れるので保険料を上げる必要がなかっただけです。第3期の時は、あちこちの自治体から視察にいらっしゃいましたが、『施設がないので』と説明しました。」



「お元気な方が多いのですか」

「ここでは、高齢でもお元気な方は多いです。『所在不明』問題があったので、町内最高齢の99歳の方を最近お訪ねしたんですが、元気に農作業をされていました。当然要介護認定も受けておられません。ただ、認定率は、最近は岐阜県平均並みになってきましたけど」

 たしかに、同じ岐阜県加茂郡でも富加町は、介護保険料は岐阜県内で最も高い。町内に介護保険施設があること、近隣の自治体(関市、美濃加茂市など)に介護保険施設があり、そこへの入所が可能であるためである。これに比べ七宗町は、施設利用はかなり少ないようで、これが介護保険料据え置きの要因のようである。
 ただ、町内の施設入所待機者は増え続けており、将来は、老健施設の整備も予定しているとのことである。

「第5期も介護保険料は据え置きですか」

「うーん。それは、少しは上げざるを得ないでしょうね」

 という返答であった。

「負担と給付の完全なリンク」。
 介護サービス利用者が増えれば、全高齢者の保険料負担が増える、介護保険の根本的な欠陥である。人口4700人、高齢化率34%の山村である七宗町にもこの矛盾は情け容赦なく、表れてくるだろう。

「農林業の方が多いので無年金者もおられると思いますが、介護保険料の滞納はありませんか」

「それはほとんどありません。2年前までは100%徴収でした。保険料徴収は税の担当でやっているのですが、まず介護保険料ということでお願いしています。七宗町は国保も滞納はほとんどないです。」

 みごとなものである。小規模自治体の「顔の見える関係」とはこういうことであろうか。

「町内の高齢者の状況はほとんどわかります。私は、要介護認定者であれば、ほとんど知っています。」

 ときっぱり言われる。

 町独自の施策もかなりきめ細かい。
例えば、移送(外出支援)サービス。高齢者が通院等に利用できる公共交通機関などほとんどないので貴重なサービスだが、1時間400円で近隣の美濃加茂市内の病院でも通院できるという。
 在宅の方の「介護手当」支給も、要介護3以上の高齢者を介護する家族等に対し、月5000円を支給する。所得要件なしで、介護保険の居宅サービスを利用していても受けられる。

 長時間にわたって、懇切丁寧に説明いただいた担当者にお礼を申し上げて、七宗町を後にした。
 
 同じ自治体職員でも、地域住民との距離が全く違う、と感じた。これがホンモノの自治体職員であろう。
 私のように、都市部の自治体で仕事をしている者は、本当の意味で自治体職員と言えるのであろうか、とふと思ってしまう。

 担当行政区だけで人口15万人以上、高齢者だけで3万8千人以上を担当していると日常的には顔も名前も大半の人はわからない。「住民とともに」と言うが「住民一般」に数量的把握はできても、暮らしと顔が見えてこない。

 少しでも住民に近づく努力をしなければ、とつくづく思う次第である。
スポンサーサイト
Category: 介護保険見直し
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索