2010/08/29 Sun
光生館から「地域ケアシステムとその変革主体」という新刊本を送ってきた
地域ケアシステムとその変革主体_s

地域ケアシステムとその変革主体-市民・当事者と地域ケア- 【地域ケアシステム・シリーズ③】 著者名 太田貞司編集代表 朝倉美江・太田貞司編著 / 地域ケアシステムの形成主体に焦点を当て,地域ケアシステムを変革する担い手とその担い手たちの活動,さらにその活動がどのように地域ケアシステムとして発展していくことが可能であるのかを全国の事例を通して考える。

1年ほどまえに、ある先生から「地域ケアの本を出すので、大阪の運動のことで書いてほしい」と頼まれた。

「私のやっているのは、福祉・介護の不正告発や、介護保険制度問題で、『地域ケア』というようなものでない」といったんはお断りしたのだが、
「行政や制度の問題点を明らかにし、変革へと働きかけるソーシャルアクションについて書いてほしい」
と言われ、福祉・介護オンブズネットおおさかや大阪社保協介護保険対策委員会での活動、さらに介護保険料に怒る一揆の会についても書いて送った。

 本には、「第8章 ソーシャルアクションでつくるケアとミニマムの質」として収録されている。

 介護保険改定の議論が「地域包括ケアシステム」をキーワードに行われようとしているとき、この本のテーマである「地域ケアシステム」はいくつかの問題提起をする結果になったと思う。
 各地の事例を集めて考える という趣旨の本なので、政府が打ち出している「自助・互助・共助・公助」論に基づく地域包括ケア論への体系的な批判は十分になされているとは言えないが、一読の価値はあると思う。


スポンサーサイト
Category: 社会保障問題
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索