2010/09/18 Sat
メールで、いきなり こんなものが届いた。



国民健康保険や国民年金料を大幅に減少させる方法です。
知りたい方はこちらからご覧下さい。
⇒ http://aseikweb.com/vase/
■たった 1枚の書類だけで、国保が数十万円も減少する、
目からウロコの方法とは?
■支払金額は減るのに、将来の年金受取が増える方法とは?
■支払金額は減るのに、いろんな保障が増える方法とは?
■様々な税金を減少させ、返す刀で国保まで激減させてしまう、
一石二鳥の方法とは?
■保険料が払えない、そんな緊急事態に威力を発揮。
保険料を極限まで減らす方法とは?
■国保を無駄に払っている親族を、1人残さず見つけ出す
超簡単マニュアルとは?
■本マニュアルの方法を組み合わせた、
最強の保険料節約テクニックとは?


いたずらメールの類だろうと思って削除しようとしたが、タイトルが気になり、サイトを開いてみた。

 コンサルティング会社 が 国保料・国民年金保険料などの軽減対策を指南するないようで、1万4800円もする「マニュアル」を売りつけようとするサイトだった。

 所得の申告方法の変更や、世帯分離、転居などで、保険料を軽減できる、というノウハウを紹介する内容である。

 こうした商法は、嫌悪感をもつが、保険料軽減が、ビジネスになるような事態こそ、高い国保料が、いよいよ社会問題になってきた、証拠であろう。

 社会保障運動でも、各種制度を活用した保険料軽減はとりくむが、決してビジネスではない。制度は少しでも活用するとともに、制度改善、保険料引き下げなどの、運動として取り組む。

こうしたビジネスが登場するまでになった、深刻な保険料負担。改善は緊急課題である。

スポンサーサイト
Category: 社会保障問題
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索