2010/10/16 Sat
今日 明日と 岡山市で 第10回地方自治研究全国集会に参加。

私の出番は、明日の「介護」の分科会なので全体集会は 一参加者でゆったりとお話を伺う。

一番感動したのは記念講演。元駐イラン大使で外務官僚、防衛大学校の教授をされていた孫崎享氏の「日米同盟の正体」である。

 さすがは 元外務官僚、外務省情報局長である。外交のウラのウラを知り尽くしたうえで 縦横無尽に日米安保の正体を暴露!

 わかりやすい。普天間基地など 県外・国外に持って行っても全く日米同盟に影響なし。「米軍抑止力論」のナンセンスさを豊富な証拠で痛快に斬る。

 一番 共感したのは、尖閣諸島問題である。

 中国漁船を拿捕し船長を逮捕したことは誤り、ときっぱり。

 日中国交回復時に両国間で「小さい問題は棚上げ、日中友好という大きな問題で一致した」

 「棚上げ」だが、すでに、日本が実効支配しているから、そのほうが日本に有利。実効支配の実績ができる。

 それをヒステリックに「日本固有の領土だ」と主張し、漁船拿捕の実力行使に出れば中国側も、棚上げをやめて「力と力のぶつかり合い」に。

 軍事力増強と経済発展を武器にした中国と力の勝負にでることの愚かさ。

 ざっと こんな主張である。

 素晴らしい!

 革新政党の「日本固有の領土であることを強く主張せよ」という論より、数倍 素晴らしいと思う。

 偏狭なナショナリズムに与するな「領有権」主張をぶつけ、中国脅威論や「島しょ防衛」「米軍要視力論」に与するような 幼稚な主張より、はるかに理にかなっいる。

 次に共感したのは、「ナイター講座」でお話を聞いた 鹿児島大学・伊藤周平先生の「憲法を生かした社会保障改革」。

 昨年の日本高齢者大会の記念講演でぶちあげられた「介護保険制度は諸悪の根源。障害者自立支援法・後期高齢者医療制度廃止を言うなら、介護保険制度廃止をめざすべき」という論をいっそう強く述べられた。


 この二つのお話を聞けただけで この集会に参加した 意義がある。久ひさの知的共感を味わった集会である。
スポンサーサイト
Category: 時局争論
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索