2010/12/28 Tue
 2007年の4月に受けた相談事例 特養にショートステイ中の認知症の人が 無断外出し、凍死して発見されたという事件。

 認知症で帰宅願望が強い利用者が、外出してしまったのに長時間気づかなかったにもかかわらず、施設側は「自分で出て行ったので、当方の責任はない」と強弁した。

 「施設な責任は十分に問うことができると思います。まず、関係の記録をすべて施設側に公開させること、行政に提出されている事故報告書も公開さること」をアドバイス。場合によっては、弁護士に依頼して証拠保全も。
 認知症高齢者の無断外出・事故については施設側の責任を明確にした判例もある。
 他県からの相談だが、事故後のあまりにも誠意のない施設の態度は許せない。
 「施設側の対応によっては徹底的にやられたらいかがでしょうか」とアドバイスした。

 そして、介護事故裁判に情熱をもって取り組まれている弁護士さんを紹介した。

 その相談者と昨日 ぱったりお会いした。

 私の顔を見るなり「全面的に勝ちましたよ!」と笑顔。「施設側は控訴しなかったので、勝利判決が確定しました」「報告が遅れてすみません」

 よかった。のひとことである。

 相談者いわく、「田舎の県だから 施設側の保険会社が強気に出れば 家族は泣き寝入りしていたみたい。しかし、私は、こういうネットワークにつながっていた」

 やはり、相談援助のネットワークは大切である。
スポンサーサイト
Category: 介護事故問題
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索