2011/01/03 Mon
わが故郷 の 話。

わが故郷 現岐阜県下呂市金山町菅田桐洞 は 山間の 寒村である。
昨年のNHK大河ドラマ ではないが 幕末維新では どうだったかというと、
尾張徳川家の所領で 美濃国武儀郡桐洞村 という山里であった。

わが祖先 日下部理右衛門(日下部家 第7代)が安政2年から明治2年まで庄屋を仰せつけられているが、
幕末維新の激動とはまったく無関係の田舎者であった。

と思いきや その娘の一人が 嫁いだ 飛騨国下原郷の加藤家から、幕末に 勝海舟と ともに アメリカにわたり、世界を一周したという 人物がいる。

 加藤素毛 という。私たちが 小学生のころは 「郷土・金山町の生んだ偉人」と教えられた。

 アメリカで 撮ったという加藤素毛の写真
 somou.jpg

 子ども心に、そのりっぱな武士姿に 勝海舟や 西郷隆盛に次ぐような 偉人だと 信じた。

 ところが、学校の歴史の 教科書に 一文字も出てこない。
 さらに 高校へ行くと 金山町出身の者以外はだれも知らない。

 それもそのはず、別に幕府の一員でなく、「御用商人伊勢屋の次席手代、御賄方として使節団に加わった」とある、これは正規の使節団員といえるのだろうか。

 ただ、好奇心旺盛でかつ かなりの文筆力はあったらしく、「自ら望んで使節に加わっただけに、詳細な見聞記を残す。その一部が『日記『周海日記』として素毛の出身地、金山町郷土館に収蔵されている。また、滞米中、新聞が報じた使節団の記事の載る新聞22点や、星数31という、珍しい当時の星条旗を持ち帰っている」とある。

 使節団に加わることができたのは、若い時期に飛騨郡代小野高福の公用人となって高山陣屋に出仕し、その時に郡代の子鉄太郎(後の山岡鉄舟)と知り合ったことによるらしい。
 
 高山陣屋をやめた後、諸国を旅し、長崎にいき 異国情緒に触れ、その後 山岡鉄舟を頼って江戸へ行き、渡米できると知って、未知の世界へ憧れ、使節団の賄方として加わり、米軍艦ポーハタン号に乗ってホノルル、サンフランシスコへ。さらに パナマ、ワシントンへと使節団の「日米修好通商条約」批准書交換に同行した帰路は、ニューヨークを見物し、米軍艦ナイアガラ号で大西洋まわりで、セント・ビンセントから西アフリカ、希望峰通過、ジャワのバタビヤ港、香港 品川へと帰ってきたという。9ヶ月に及ぶ日本人始めての世界一周の旅とされている。

 加藤素毛は、非常な筆まめで、「周海日記」という見聞記を残している。

 
 ところが、この人、幕末維新の激動には、まったく関心がなかったらしく、数か月で帰郷し、あとは、見聞した外国事情を各地で語って回ることくらいしかしなかったようである。

 その後も、和歌・俳句・漢詩を詠み、絵を描く文化人として、政治には全く関与せず、悠々自適の人生を送り、明治12年に55歳で没している。素毛というのは 俳人としての名である。

 それだけの文筆力を持ちながら、大政奉還や維新時に飛騨一国を揺るがせた「梅村騒動」には、何の記録も残していないという。

 明治2年に新政府ら派遣された梅村県知事の改革に反抗して大規模な蜂起と打ちこわしが起こった梅村騒動は、飛騨の玄関口である下原村の加藤素毛の実家も 蜂起勢の 打ち壊しにあった。

 その直前に、加藤家に嫁いだのが、わが日下部家の第8代の理右衛門の妹である。

 嫁入りして間もなく、打ち壊しにあい、命からがら 身ひとつで逃げてきたという。嫁入り道具でもっていった着物や道具類もすべて 蜂起勢に 略奪されたという。 

 どこまでが 事実かわからないが、確かに系図には、日下部家の女子の一人が「明治二年 下原村 加藤市兵衛に嫁す」とある。

 幕末維新の波は、わが故郷のような 山間の村 揺り動かしたようである。

 
 参考 バーチャル郷土館 加藤素毛 
スポンサーサイト
Category: 雑感・雑記
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索