2017/04/06 Thu
 堺市のOB、しかも介護保険担当部署のトップであった人が経営するグループホームで発生した介護事故と入居者への一方的な退去通告、家族への度重なる侮辱発言。家族は堺市の介護保険担当部署に相談するが、まったく対応せず。やむなく、家族が行った簡易裁判所への調停申立で、事業者側は「解決金」を支払った。行政がなすべきことをしないため、当事者家族が多大な労力と犠牲を払わないと救済されない介護サービス現場の実態を示す事件である。
 福祉・介護オンブズマンとして、この問題を取り上げ、堺市に対し、 「利用者の救済及び介護事業者に対する指導についての要求」を当事者のご家族とともに提出した。堺市の真摯な回答を期待するものである。


2017年4月6日

堺市健康福祉局長寿社会部
介護事業者課長  様

福祉・介護オンブズマン 
管理者  日下部雅喜


利用者の救済及び介護事業者に対する指導についての要求

介護サービス利用者の権利と尊厳が守られるために自治体の果たす役割はきわめて重要である。とくに、利用者・家族からの救済申立て(苦情)については、迅速に対応し、事業者に対する調査の実施及び指導・助言が不可欠である。

しかし、堺市では、そうした役割を全く果たさず、最初から「民・民の問題」と決めつけ一切の調査や指導を放棄する無責任な事態が起きている。別紙の事例では、それに加えて、当該事業者の代表者が堺市の元幹部職員であり、在職中は介護保険の担当部署の部長職であったことから、堺市のとった対応が一層鋭く問われるものである。

利用者の尊厳と権利を守り、介護サービスの質を向上させるためには、この間の堺市の無責任な対応の問題点を明らかにし、利用者の救済と介護事業者に対する指導機能を抜本的に強化することが必要であると考えている。
以上の立場から下記のとおり要求するので速やかにご回答していただきたい。




1 別紙の事例について、堺市の見解を明らかにすること。

2 社会福祉法人○○及びグループホーム□□に対する指導監査の内容及び結果について明らかにすること。

3 堺市として、利用者の尊厳と権利を守り、ケアの質を向上させるために、苦情相談に関する対応を抜本的に見直し強化すること。
とくに、①介護事故が発生した場合の調査・原因究明・被害者対応・再発防止のための指導 ②サービス提供拒否や利用契約違反に対する調査・実態把握と是正指導 ③利用者・家族と事業者との協議に対する法令遵守と公正確保の立場での積極的な関与 について具体的方策と体制の確立を速やかに行うこと。


(別紙) 
 堺市OB(在職時介護保険担当部署の部長職)が設立し代表を務める事業者による不適切な介護及び権利侵害の事件
1 概要
 グループホーム(認知症対応型共同生活介護)で介護サービスの提供を受けていた利用者に対し、頻回に介護事故を発生させ、そのため入院したが、退院・リハビリ後の再入居の希望を家族が伝えていたにも関わらず、退去を通告し侮辱する発言を浴びせた。
当事者
 A利用者 大正5年生まれの女性。事件発生当時98歳、要介護4
 B家族  長女
 C事業者 社会福祉法人○○福祉会 グループホーム□□
     ※設立者(現理事長)は、介護保険開始時に堺市で担当部署の部長を務めた人物
2 経過
①介護事故
 2011年2月からAさんは、グループホームHに入居しサービスを受けていた。入居してから2014年7月までの間にAさんは18件もの介護事故に遭い身体を傷つけられた。とくに、ベッドに括り付けてあった鈴の輪で11針の縫合処置(2013年9月)、同様の事故で16針の縫合処置(2014年4月)、転倒し大腿骨頸部骨折の重傷(2014年7月16日)を負ったにもかかわらず翌日まで病院に受診させなかったという不適切な対応をされた。
②契約違反の退去通告・侮辱発言
Aさんは、上記の骨折事故により入院となったが、グループホームの利用契約書では但し書きにより双方の合意の上で契約を継続できることになっていたので、2014年7月26日にBさんとグループホーム副施設長と相談の上、退院・リハビリ終了後は再入居することを合意していた。ところが、2014年7月28日に、グループホーム施設長は、次の入居者が決定したとして荷物を持って帰るように通告した。この対応の際、施設長は、Bさんに対し、暴言を吐き、その後8月2日にも繰り返し侮辱発言を行った。
3 堺市の無責任な対応
 Bさんは堺市介護事業者課に2014年8月に本件について相談し、堺市に事業者に対する指導を依頼したが、「民・民の問題です」と取り合わず、グループホームHに対する調査・指導を行わず放置した。
4 その後の経過
 Bさんは、2014年に11月に大阪府国民健康保険団体連合会介護サービス苦情処理委員会に苦情申立し、2015年11月に処理結果通知をうけたが解決しなかった。2016年1月8日に堺簡易裁判所へ調停申立を行い、同年10月に相手方が、解決金を支払うことで調停が終了した。

2017/04/01 Sat
日下部雅喜の講師活動  2017年4月
4月 1日(土)午後1時30分~4時  国労大阪会館1階ホール
高齢者の居場所づくりをすすめる連絡会 学習会
「どうなる介護保険・総合事業」

4月14日(金)午後1時30分~4時 静岡県三島市生涯学習センター
三島医療と介護をよくする会 介護保険シンポジウム
「自治体と共同して地域包括ケアの展望を拓くには?」

4月15日(土)午後6時30分~8時30分 札幌市「かでる2・7」
介護に笑顔を!北海道連絡会 安心できる介護制度をめざす学習会
「最新!2018年度介護保険改定とたたかい方」

4月16日(日)午後1時30分~4時 埼玉県浦和市ときわ会館501会議室
埼玉自治体問題研究所 2017年地方自治フォーラム・県民公開講座
「介護保険『改革』の行方と自治体の課題~総合事業と地域包括ケア体制づくりの下で」

4月22日(土) 午後2時~4時   大東市民会館大集会室
大東社会保障推進協議会 ここが問題!大東市介護保険 総合事業1年を検証する集会「大東市総合事業のここが問題~他自治体と比較して」
4月23日(日)       午前10時~12時         貝塚市高橋病院
泉州生活アセスメント勉強会
「新総合事業について」
4月24日(月) 午後1時~5時  大阪府保険医協会M&Dホール
大阪社会保障推進協議会 2017年度全国地方議員社会保障研修会
「介護保険・総合事業と次期見直しの争点」
Category: 活動日誌
2017/03/31 Fri
今日は2017年3月31日。
昨年の同じには私の「公務員生活最後の日」だった。

そして今年は、ケアマネジャー生活1年が終わった日である。

昨年4月、大阪市西成区の診療所併設のケアプランセンターでケアマネジャーとして新しいスタートを切って1年。
早いものである。
はじめて在宅介護に向き合う日。
スーツ・ネクタイからジャージで自転車に乗って走り回る日々。

この一年間、在宅で看取りの利用者さんを3人担当させていただいた。そのうち二人は独居で自宅で最期を迎えられた。

医療と介護のチームで、その人を夜も昼も支え続けて実現した在宅看取り。 私は訪問看護師に怒られながらウロウロするばかりだった。

現在の私の担当させていただいている利用者さんは36人。一人暮らしが半数を占める。老夫婦世帯も多い。

未熟者ケアマネであるが、この方々の暮らしを介護のスタッフの方々と見守り、支え、お手伝いさせていただける仕事に改めて喜びをかみしめている。

役所のあまりにもひどい対応に怒ったり、病院の非常識な対応に振り回されたりしたこともあった。

また、利用者の中には、いわゆる「クレーマー」もいるが、そのクレームの背景にあるものが分かった時、なぜか「共感」することもあり、対応の仕方が分かったこともある。

わずか1年であるが、それまでの37年間の公務員生活では、味わえなかった対人支援の感動と醍醐味を体験させていただいた1年である。

1年間に出会ったすべての利用者さんとご家族、そしてスタッフのみなさんに感謝しながら、明日から2年目のケアマネジャーとしてまた歩みたいと思う。


 
Category: 雑感・雑記
2017/03/27 Mon
大阪で介護改善の共同行動(総がかり行動)のスタートです
集会への賛同とご参加を!
※介護・総がかり行動スタート
声をあげよう!輪をひろげよう!
「介護の切り捨てアカン!みんなの大集会」
日時;5月12日(金)18時半~
場所;北区民センター大ホール
特別講演:服部万里子さん(日本ケアマネジメント学会副理事長)
(仮題)〈このまっまでいいのか「介護保険」改定、問題点とこれからの介護を考える〉
連絡先
介護・福祉総がかり行動準備会
・大阪社保協 osakasha@poppy.ocn.ne.jp
・安心できる介護を!懇談会
NPOみなと ℡06-6583-4880
Category: 未分類
2017/03/02 Thu
日下部雅喜の講師活動  2017年3月
3月 3日(金)午後6時30分~8時  大阪市西成区民センター
介護事業所交流会準備会(安心できる介護を!懇談会・西成区社保協)学習会
「介護保険改定と新総合事業」

3月 4日(土)午後1時30分~3時30分北九州市生涯学習総合センター3階ホール

よりよい介護をめざす連絡会(北九州市社会保障推進協議会)市民講演会
「どうなる 介護保険・総合事業」

3月 5日(日)午後2時30分~4時  堺市総合福祉会館
大阪社会福祉士会・堺支部研修会
「介護保険改定と新総合事業」

3月12日(日)午後1時30分~5時   京都アスニ―3階大研修室
よりよい介護をつくる市民ネットワーク「だまってたらあかんシンポジウム」
「介護保険見直しと京都市新総合事業」


3月13日(月)午後1時30分~2時 西成区民センター大ホール
3・13重税反対全国統一行動 西成集会 講演
「狙われる社会保障改悪・大阪府統一国保でどうなる」

3月18日(土) 午後3時~4時   堺市役所地下1階大会議室
堺市の介護保険を考える会「ケアプラン点検」と「総合事業実施」を考える学習会
「総合事業と自立支援型ケアマネジメント」

3月23日(木)    午後6時~8時         けいはん医療生協本部3階多目的室
けいはん医療生協総合事業学習会
「総合事業にどう立ち向かうか」
Category: 活動日誌

プロフィール

福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)

Author:福祉・介護オンブズマン管理者 日下部雅喜(くさかべまさき)
 福祉・介護オンブズネットおおさか事務局長
 介護保険料に怒る一揆の会事務局長
 大阪社会保障推進協議会介護保険対策委員
 
 

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索